トップページ >  > 毛抜きによる青髭対策

毛抜きによる青髭対策

さて青髭対策として
カミソリや電気シェーバー等の一般的な処理方法では
青髭がどうしても目立ってしまいますね。

そんな時に、よくやりがちなのが『毛抜きによる青髭対策』です。
毛抜きで顔の毛を抜くというのは
男性でも眉毛を整えるのが標準的になってきた側面もあり
意外に多くの人が顔の髭、特に鼻の下の毛や、あごひげについて毛抜きでの処理をするようになりました。

確かに髭を抜く行為というのは
・剃るよりも綺麗に見える
・こまめな処理で青髭にはならない
*以上のようなメリットがあります。

髭を抜く行為についてのデメリットをいくつか紹介していくと
・炎症、にきび
・黒ずみの原因に
・埋もれ毛の原因に
・肌荒れ
・抜いても同じ風に生えてくる
・時間と手間がかかる
*以上のようなデメリットがあります。

毛抜きによる青髭対策は
手軽にいるでもできるというメリットはあるものの
挙げていくとデメリットの方がはるかに大きいです。
毛抜きという行為は想像以上に肌を痛めてしまいます。
炎症を起こし、色素沈着、シミ等の跡を残してしまう場合も多々あります。
なるべくなら他の、より確実性や持続性のある髭の処理をしていきましょう。


それでも髭抜きをしたい方へ
それでも髭を毛抜きで処理したい方は
なるべく炎症が起こらないように処理していきましょう。
具体的には毛が柔らかくなるお風呂上りにまた毛抜きを使う前後に肌を消毒すること。
マキロン等の消毒液で軽く拭き取りましょう。

もちろん使う毛抜きにも消毒をきちんとします。
こうすることによって肌の炎症リスクを多少は軽減することができます。

*ただし消毒液によっても肌は傷つくので充分注意を!

埋もれ毛に関してはほとんど運みたいなものですから
毛抜では対処のしようがありませんが・・・

毛抜きで髭を処理し綺麗に見えるコツは
ある程度伸ばしてから一度に抜く本数を多くすることです。
こうすることによって抜いた直後は髭の毛根も見えなく、青髭状態を改善できるでしょう。
毎日ちまちま抜いていると髭の生える速度が変わってきて抜けきれない髭も出てきてあまり綺麗に見えないでしょう。

ですので大事なデートや人に会う前に
重点的に処理をしていくと仕上がりがよくなります。

オススメの記事|綺麗に仕上がる髭処理とは?

毛抜きによる青髭対策のメリットとデメリットについて紹介していきます。また髭を毛抜きを使って処理する時の注意する点や綺麗に抜くコツなどもあわせて紹介します。