トップページ >  > ヒゲの脱色による青髭対策

ヒゲの脱色による青髭対策

自宅でできる青髭対策で考えられる1つの方法として
『ヒゲの脱色』があります。

ヒゲの脱色とは黒いヒゲを脱色して薄い色にすることによって青髭状態を改善しようということです。
確かにヒゲの色の薄い外国人(欧米人)には青髭に見える人が少ないというのも事実。
この辺りについては
外国人に青髭が少ない理由を参照


さて実際に
ヒゲを脱色するにはどうすれば良いのか?
まさか消毒用のオキシドールなんかは使わないですよね(笑)

ここで問題なのは
髪の毛に使うようなブリーチ剤だと液が強過ぎる恐れがあります。

顔の皮膚はデリケートですから
アレルギーや皮膚トラブルを起こしやすいです。
ですので髪の毛用のブリーチ剤を使うにしても
必ずパッチテストを実施するようにしましょう。

オススメなのは髪の毛の色と合わせるのに眉毛のブリーチする女性が主に使う物ではありますが
例えばコレ
今更聞けない眉毛脱色剤
実際の商品はコチラ
JOLEN眉毛ブリーチ

ずばり眉毛ブリーチですね。
眉毛ブリーチだと髪の毛に使う用途の物よりも一般的に液の力がマイルドなはずです。
また必要量が少ないので用途的にも似ており
使い勝手が良いでしょう。

ヒゲの脱色による青髭対策まとめ

青髭対策にヒゲの脱色は不向き?

ヒゲの脱色について述べてきましたが
ここまで書いておきながら
青髭対策でヒゲを脱色することはオススメしません

というのもヒゲの脱色をしてもその後、その部分を剃ると
皮膚に出てきてない毛(髭)の部分は脱色されていないのです。
そうです!やはり青髭には使えない技だと言わざるを得ないことになります。
ある程度生やしている髭の色を薄くしたいという人には良いと思いますが
注意しないと顔の肌が弱い人は炎症を起こしてしまいます。
これらのことを簡単にまとめてみると

青髭の原因の皮膚内部の髭には無意味
ある程度伸ばした髭ならばOK
皮膚の炎症&トラブルには要注意!
総合的に判断して髭の脱色はあまりオススメできませんが
どうしてもしたい場合は肌のトラブル&ケアに充分に注意しましょう。

オススメの記事|髭の脱色以外にもっと有効な方法は?

青髭に見えなくする方法として髭の脱色があります。黒い毛を茶色や金色にすることによって青髭を目立たなくするという方法ですが実際はどうなのか?その答えについて考えてみました。